ULは第三者認証機関として検証するため、製造者にとっても消費者にとっても、製品の環境性能の信頼性が高まります。

下に、UL Environmentが検証する主張のリストと、それらの主張を評価するために使用された手続きを示します。

環境主張の検証とその手順:

リサイクル材料

監査により、製品のポスト消費者、プレ消費者(ポスト産業)、またはリサイクル成分全体の妥当性検証を行います。
手続きの表示

副産物のシナジー

さまざまな業界の全施設に対する積極的な対話および作業を通じて、サプライチェーンのローカライゼーション、資材の最適化、廃棄物の最少化、および未使用材料置き換えの達成率を検証します。
手続きの表示

短期間で再生可能な材料

製品に、収穫循環が10年未満である材料が含まれているか確認します。収穫循環が短い原材料の例としては、竹、トウモロコシ、コルクが含まれます。

リサイクル性

試験または監査によって、製品のリサイクル性を評価します。
手続きの表示

紙ベースの製品リサイクル性
紙ベースの製品リサイクル性は、再パルプ化試験を実施し、サンプル製品の繊維含有量に基づいてリサイクル性を計算することによって、検証します。
手順の表示

揮発性有機化合物(VOC)材料

標準的な試験法とSCAQMDルールに従って、製品内のVOCの量を試験します。これらの試験は、ペンキ、接着剤、シーラント、コーティングおよび同様の他の製品など、液体または水溶液に対してのみ実施されることに注意してください。

再生利用プログラム/施設

製造業者が使用済み製品/材料の回収のために有している、回収プログラムまたは回収センターに関連した主張を、監査によって検証します。

かび抵抗性

特定の製品/材料の微生物繁殖に対する抵抗性をASTM D3273、ASTM C1338およびASTM G-21などの標準試験方法に従って試験します。
手続きの表示

埋め立て廃棄物の転換

監査によって会社の廃棄物転換に関する主張を様々なレベルで検証します。
手続きの表示

PVCフリー

プラスチック製品が塩化ポリビニル(PVC)を検出可能なレベルで含んではいないことを検証します。
手続きの表示

節電式テーブルタップ

試験により、テーブルタップのエネルギー節約率を評価します。
手続きの表示

生物由来材料

試験により、製品が生物由来の成分を含んでいることを検証します。 生物由来成分の例としては、ポリアクリル酸(PLA)、作物残滓、廃材などが含まれます。

ホルムアルデヒド・フリー

UL Environmentは、製品がホルムアルデヒド(またはホルムアルデヒドの前駆物質)を含んでいないとの主張を、原材料インプットの監査と製品からの化学物質放出試験を組み合わせて検証します。資格を認められる製品は、他の有害な化学物質を室内空気内に放出していないことを確証するために、UL GREENGUARD Gold認証を保持している必要があります。

エアフィルターの微粒子、VOC、またはカビおよびバクテリアろ過の効率
エアフィルターの微粒子、VOC、カビおよびバクテリアレベルの減少率に関する性能主張を評価し、厳密に検証します。
手続きの表示

革新性に関する主張

UL Environmentでは、市場に新規参入する企業や、既存のULプロトコルを持っていない企業のために、環境主張の妥当性確認を行うことがあります。このページに挙げられていない主張についてのご質問は、888.485.4733までお寄せください。