製品がスマートになり、相互接続されるようになると、サイバー脅威に対してさらに脆弱になります。コネクテッドデバイスは2020年までに210~500億になり、2018年までにネットワークの66%にサイバー関連セキュリティ違反があると予測されています。*

クラウドまたはインターネットに接続されたデバイスは、サイバー犯罪の攻撃ポイントになる可能性があります。攻撃は一層巧妙になり、保護対策が困難になり、多大なコストがかかるようになっています。そのため、消費者と企業の双方にとって、セキュリティの予防措置が不可欠になっています。

ULサイバーセキュリティ保証プログラム

ULサイバーセキュリティ保証プログラム(UL CAP)は、ソフトウェアの脆弱性と弱点を評価するための標準化され、試験可能な基準を作成することにより、リスク緩和を目指します。これによって、セキュリティの弱点を減らし、既知のマルウェアに対応し、セキュリティ管理を強化し、セキュリティ認識を高めます。

UL CAPはUL 2900の規格セットに依存しており、政府、学術部門および業界を代表する主要利害関係者からのインプットを基に開発されました。 UL CAPとUL 2900シリーズの規格はどちらも、安全科学、規格開発、試験、認証におけるULの長期間にわたる専門知識の上に構築されています。

絶えず変化するセキュリティ脅威の環境において、新しい安全策を作成するためには、コラボレーションと透明性が重要です。UL CAPは、イノベーションを行い、より安全な製品とシステムを作成し、エンドユーザーに製品とシステムセキュリティにおける信頼を高めるために組織的な能力を製造業者に提供します。

製品がすでにUL認証を受けているIoTプラットフォームを組み込むことにより、製品のUL認証をより少ないコストとより短い発売までの時間により合理化して、UL認証ソフトウェア実装ソリューションを利用することができます。すでにUL認証を受けているベンダーを利用してセキュリティの強度を最大限にすることにより、サプライチェーンのリスクを最小限に抑制し、ブランドの信頼を高めることが可能です。UL認証を受けているプラットフォームを見つけるには、ULオンライン認証ディレクトリで、ULカテゴリコードCYBRを検索してください。

*出典: IDC Research, Inc.

重点分野

該当するサービスをお選びいただき、詳細をご確認ください。

ULはソートリーダーシップ活動を通じて、お客様のビジネスにとって重要な研究や知見を提供しています。

IoTセキュリティのトップ20設計原則
IoTセキュリティのトップ20設計原則...
Internet of Things入門
Internet of Things入門...
コネクテッドスマートホームシステムとデバイスに関するサイバーセキュリティの考察
サイバーセキュリティの考察...
ULサイバーセキュリティ保証プログラム(UL CAP)
ULサイバーセキュリティ保証...
医療機器のサイバーセキュリティとUL 2900
医療機器のサイバーセキュリティ...
ソフトウェアサプライチェーンのサイバーリスク管理
サイバーリスクの管理...
積載

の詳細を見る