電気ケーブルシステムやグリス配管・換気ダクトの部品を設置する場合、建設業者はこれらのシステムが基準に定められている安全規格に準拠していることを確認する必要があります。耐火被覆材を使用することで、1時間程度の耐火定格がもたらされ、ケーブル/配管システムが火災曝露を受けても機能を維持することができ、延焼の防止にもつながります。

耐火外皮で覆った電気ケーブルの試験では、ケーブルに電圧・電流を加え、電気性能や見た目をモニタリングし、火災曝露を受けた際の機能性を確認します。ケーブル外皮に耐火性能がない場合は、耐火壁内または1時間の耐火定格を持つ部品内に配線します。

グリス配管・筐体・部品については、ULの専門家が、規格の要求事項に従った環境で試験を行い、配管内部での火災に対する耐火性能と、外部からの火災曝露に対する防火性能を評価します。

ULの等級判定は、建設業者の皆様が、厳格な火災安全規格に準拠したケーブルや配管部品を特定するのに役立ちます。

該当するサービスをお選びいただき、詳細をご確認ください。