交通当局は将来も使用できる容易なモバイル決済システムなど、顧客ニーズに対応し続けるため、将来に備える必要があります。同時に、交通当局は処理の効率とセキュリティを実現する必要があります。ULと提携すれば、セキュアで相互運用可能な自動料金収受システム(AFC)を評価、設計、展開する複雑性を緩和できます。

多くの公共交通事業者(PTO)は非接触スマートカードの使用を採用しています。多くの公共交通システムにおいて、現金、紙、磁気ストライプのチケットから、非接触のAFCシステムへの移行が進行しています。実施の成功例は世界中で見られます。

各実施の詳細は異なりますが、公共交通の現行のAFCシステムはすべて、同様の方法でセットアップされています。信頼性、効率の高いAFCシステムが共有する主な特性の例として、カード中心、フロントエンドで実装される料金ロジック、閉回路プロプライエタリ技術、自己発行カードが挙げられます。

現在使用されているAFCシステムには実装と費用の課題があります。これらのシステムと技術に関する決定を下すとき、実際の代替手段は存在しません。過去数年間にわたり、技術の進歩によって、複雑性と費用の懸念が緩和されました。現在、公共交通当局は、モバイルデバイスまたは任意の数の決済カードのいずれを使用する場合でも、料金収受の選択肢に関する顧客ニーズに対応することができます。

ULと提携することの利点
次世代のチケッティングシステムでは、輸送、決済、モバイルが統合すると、ULは強く信じています。

公共交通事業者は将来の新しい決済から莫大な利益を得られると予想しています。乗客が希望する装置または決済カードを使用可能にすることによって、顧客満足度を高め、交通関連の決済カードの管理による費用を削減します。新しい決済システムにより、詐欺とデータセキュリティの侵害につながる脆弱性に対処しやすくなり、費用をさらに削減できます。また、新しい決済システムを利用すれば、ロイヤルティと補助サービスを通して収益を増やしやすくなります。

しかし、利益を得るには、公共交通事業者はまず、複雑な技術を導入する必要があります。ULのテクニカルエキスパートは利用可能な技術の評価、情報の共有、意思決定と現実的な実施計画作成のサポートなど、プロセス全体を通して支援します。

ULはオフラインのインフラストラクチャ、搭載型または地下の可動装置、条件の厳しい性能要件など、公共交通システムの懸念に対処することに慣れています。弊社は交通インフラの構成要素の一般的な投資サイクルを理解しており、これらの問題すべてを計画と助言の中で考慮します。

ビジネスの構想に合う次世代のチケッティングシステムを展開する際は、ULと協力して、弊社の知識、経験、実績あるベストプラクティスを活用してください。

重点分野

ULはソートリーダーシップ活動を通じて、お客様のビジネスにとって重要な研究や知見を提供しています。

オープン
オープン
モバイル
モバイル
相互運用
相互運用
集中化
集中化
次世代のチケッティングに対する管理アプローチ
次世代のチケッティングに対...
交通機関の次世代チケット発行技術
交通機関の次世代...
積載
交通機関向け非接触技術の相互運用性
交通機関向け非接触技術の相互...
積載

ULが提供するサービスの詳細を見る