エンベデッドSIM(eUICC)によって、移動体通信事業者(MNO)とサービスプロバイダー(SP)は、急速に発展している変化の激しいマシンツーマシン(M2M)市場から利益を得ることができます。M2Mとは、無線システムと有線システムの両方が同種の別の機器と通信することを可能にする技術です。M2M市場はInternet of Things(IoT)構想が実現するにつれて成長、進化しています。そのため、消費者からの収益が減少している時代の中で、M2MはMNOに対し、そのネットワークを利用して多数の機器を相互に接続するという新しいビジネスチャンスをもたらします。

しかし、まだ疑問点がいくつか残っています。たとえば、MNOは他の通信事業者に対し、どのように差別化することができるのでしょうか? MNOは顧客に対し、接続に加えてどのような付加価値サービスを提供できますか?

また、M2Mのエコシステムは複雑で、幅広い業界からの新しいお客様がいます。したがって、付加価値サービスはセキュリティ、プライバシー、帯域幅、サブスクリプション管理に関するSP独自の要件に対応する必要があります。このことから、MNOは幅広いお客様のニーズに対応しながら、複雑なエコシステムで信頼できる参加者としてどのように行動できるかという疑問がわきます。ULはこのような疑問を明らかにし、M2M戦略について、MNOとSPなどのM2M関係者を導きます。

エンベデッドSIM(eUICC)はM2M市場を狙うSPにとって大きな利点となるため、成長中のM2M市場で重要な役割を果たします。

 

ULと連携することの利点
M2Mによって、MNOはそれまで顧客と見なすことができなかった新しい種類のSPをターゲットにできます。M2M市場はこのような新しいSPが任意のMNOサービスプロバイダーを選択し、製品のライフサイクル中に、製品が使用されている状態で契約をより良いMNOサブスクリプション契約に切り替えることを可能にします。SPが最新の情報に精通し、チャンスを逃さないようにするために、SPがこのトピックと事業との関連を理解することは重要です。

SPにとって、eUICCの搭載は新しい課題です。そのため、SPはM2Mソリューションを開発、試験、展開する方法について学びます。ULはこのような課題を解決することを支援します。

MNOに対して、ULは設計の要件からeUICCの開発と実装まで、eUICC/M2Mの展開を支援します。

さらに、MNOとSPはULのテストサービス、テストツール、認証プログラムを利用して、世界中での相互運用性を保証すると同時に、安全な実装を展開できます。

最新情報の入手を希望されていますか? ULはeUICC実装の可能性と課題に関するMNOとSPの知識を深めるために、トレーニングプログラムを用意しています。

ULは次のような洞察と知識を提供します。

  • M2M分野における最新のトレンド、情報、構想
  • セキュリティ、相互運用性、サービス管理に関してMNOとSPが直面している課題、および、これらの課題に対処するための方法
  • eUICC技術を展開するためのアーキテクチャおよび要求事項の策定

弊社が重要性を認識している規格:

  • GSMA Embedded SIM Remote Provisioning Architecture
  • GSMA Remote Provisioning Architecture for Embedded UICC Technical Specification
  • GSMA SAS Standard for Subscription Manager Roles
  • GSMA SAS Methodology for Subscription Manager Roles
  • GSMA Remote Provisioning Architecture for Embedded UICC Test Specification
  • GlobalPlatform eUICC Configuration
  • SimAlliance eUICC Profile Package:Interoperable Format Technical Specification